2007年09月30日

鬼頭ブラスバンド講演パンフ用チラシ

070929kitoBB_138dog_furu._s.jpg
鬼頭哲ブラスバンドのコンサートが10月23日にあるが、そのパンフレットに広告を載せてもらうことになり、青柳リカさんのデザインを元に、DEO古川氏に加工してもらった。
posted by 志民連いちのみや at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

2007年09月16日

青柳リカさん(クスクス)ブログでの138匹わんちゃん大集合!

070914rikablo138dogs.jpg

日本初のラウンドアバウトドッグを作ってくれた雑貨作家コンビ?クスクスの一人、青柳リカさん(下の写真の左側)がプリマライフのブログで、138匹わんちゃんのことを取り上げてくれている。ぜひご覧を。
posted by 志民連いちのみや at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

わんちゃん“138匹”集まれ(20070915cnp尾張23)

070915cnpo23_138dogs.jpg

わんちゃん“138匹”集まれ
一宮 犬のアート作品募集
NPOが企画 11月に街頭飾り付け


 一宮市の一宮総合駅周辺など市の中心部で、犬をテーマにしたアート作品を街頭に飾り付けるイベント「138匹わんちゃん大集合!」を、NPO法人志民迪いちのみやが十一月に企画している。幅広い造形作品を募集中だ。
------------------------------------
木曜に取材を受けた内容で、9月15日土曜の朝刊、尾張版左側に記事を載せてもらった。取材は柚木まり記者。
posted by 志民連いちのみや at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

日本発のラウンドアバウトドッグたち・・・138匹わんちゃん大集合!(7/14/2007)

070914couscous138dogs.jpg

取材を受けたアート犬たちのアップ。
記念すべき、日本発のroundaboutdog。
138匹の1匹目から???匹目までだ。
posted by 志民連いちのみや at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

138匹わんちゃん大集合! 中日新聞の取材を受ける(9/14/2007)

070913couscous138dog03.jpg
クスクスのリカちゃん、サワちゃん製、日本発のラウンドアバウトドッグを、梅が枝公園に連れて行き、写真を撮ってもらって中日新聞の取材を受けた。
posted by 志民連いちのみや at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

ビーズ屋Yukaさんのページで 138匹わんちゃん大集合!

ビーズ屋Yukaさんのブログでも、「楽しいイベント」と紹介してもらっている。
posted by 志民連いちのみや at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

2007年09月09日

花玉のみんなと138匹わんちゃん大集合!の相談する(9/7/2007)

アート系ワークショップなどを、とてもいい感じでやっている「花玉」チームの神森さん(に最近なった旧姓花村さん)、田中さん(に最近なった旧姓村橋さん)建築家の安井さん、に運営協力のお願いと相談をする。(9/7/2007)

場所は「日之出鮓食堂」。一宮に唯一残るメシ屋である。寿司はない。ないがシブイしウマイしヤスイのだ。

花玉は、一宮七夕祭りでの市民参加ワークショップや野外展示などでも、本当にいい感じにやっていて、ぜひ助けてもらってワークショップを楽しくできたらと思ってお願いした。

何人かのアーチストが(勝手に)トンチンテンカンやっていて、参加者がそこへ加わるなんてのもいいね、とか色々話をした。
posted by 志民連いちのみや at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

スゥエーデンのHutteさんにウエブの写真使用許可138匹わんちゃん(8/27/2007)

roundaboutdog.net上の写真の使用許可をもらうためやり取りし、許諾を受けた。(8/27/2007)

そのメールの後段
our cause, struggle, is amiable. I think that participation in civil activism, from a somewhat neutral political direction, will make one more comfortable to take part in other issues too.

私たちは街のことをstruggleしていると書いたからだと思うが、うれしい。
posted by 志民連いちのみや at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

138dogs アーチスト向けチラシの内容(B面)出展要項

ストックホルムで始まった“ラウンドアバウト・ドッグ”現象を、一宮にも興そう!(日本初?)
ギャラリーやミュージアムから解き放ち、アートな犬たちを街中のあちこちに飾って、オープンでオリジナルな表現をしませんか。


あなたのアート作品を街にディスプレイしよう

アートな犬作品 大募集!


・ 木、鉄、布、陶器、ガラス・・・素材もデザインも加工も自由です。立体も平面もかまいません。
・ お一人で何匹連れてきても自由ですが、オリジナル作品に限ります。
・ 一宮駅から商店街にかけて、歩道の緑地帯やロータリー、公園、お店や家の前の植木鉢などに飾ります。
・ 参加は無料ですが、杭など設置しやすいように準備してください。
・ 野外に設置しますので、濡れ犬にもなります。
・ さらわれてしまうかもしれません。(さらわれるほどの良犬には、さらわれ犬賞が出る予定)
・ ご希望なら里親も探します。あなたの犬のボーイフレンド・ガールフレンドも探します。(お礼は里親と相談を)
・人気の子は色々なドッグコンテストで褒めてもらえます。(予定)
・わんちゃんセンターを設置し、写真と血統書を飾ります。血統書つきパンフレットも作成。
・10月27日までに、血統書とともに搬入してください。(郵送は下記までご相談ください)
・申し込みを9月中にお願いします。(展示場所調整のため)

ボランティアも募集中

その他詳しくは、ホームページwww.138dogs.netをご覧ください。
お尋ねは、ギャラリーさかな 星野三奈子(電話・ファックス0586-72-3755)
posted by 志民連いちのみや at 17:42| Comment(13) | TrackBack(0) | MAKING

138dogs アーチスト向けチラシの内容(A面)

ストックホルムで始まった“ラウンドアバウト・ドッグ”現象を、一宮にも興そう!

ラウンアバウトドッグ現象って何?
ラウンドアバウトは、自動車が回って進むロータリーのこと。その緑地帯にあった犬のアート作品へ、ある日車が突っ込んで破壊。しばらくすると突然そこに木の犬が飾られていた。やがて市民も撒き込んで。あちこちにどんどんアート犬が増殖。今年になってドイツにも広がっています。
あなたもwww.roundaboutdog.netで、そんなアート犬たちに会ってください。

●138匹わんちゃんに会いに来て11月4日より11月末日まで、アート犬が展示されます。
写真展、パンフレット無料配布ほか、ラリーなどのイベントも開催予定です。
またセンターの番や犬の設置・撤収など、手伝ってくださるボランティアも募集中です。

●「アーチ犬つくり」ワークショップ開催
10月27日、28日には、誰でもできるアート犬製作のワークショップを開催しますので、ご参加ください。(材料費1,000円程度の実費必要)

138匹わんちゃん大集合! 〜街に遊ぶアートな犬たち〜
主催:愛知県(アート・まちなか活性化事業)
運営:NPO法人 志民連いちのみや
info@shimin.org http://www.shimin.org 電話090-2265-9188 fax0586-72-8885 491-0859愛知県一宮市本町4-12-7
posted by 志民連いちのみや at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

138dogsのチラシ原稿フィックス(9/5/2007)

out_correct-138dog-ch#115CC.jpg

out_correct-138dog-ch#115CB.jpg

青柳リカわんデザインのチラシ原稿が準備できた。
(8月後半から、138匹わんちゃん関係では、「さん」「ちゃん」の代わりに「わん」を使っている。)
posted by 志民連いちのみや at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

138dogs チラシの打ち合わせをする(8/ /2007)

今回のチラシは青柳リカ&なんのさわこのcous×cousチームに頼むことになり、さかなでミーティング。
リカちゃんがやってくれることになった。まずは一般参加のアーチスト向けの作品提供を募るチラシだ。
まだ県との契約が済んでいないが、アーチストたちに十分な製作時間を取るために、すぐチラシを出したい。そのための下準備のミーティング。
posted by 志民連いちのみや at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

愛知県県庁へ138匹わんちゃん大集合!の相談に行く(8/17/2007)

070816kencho_artmachinaka.jpg

「気づき」はさておき、内定っぽいことになった。無論確定ではないが、細かいすり合わせ、打ち合わせに県庁へ出かけた。(8/17/2007)

具体的な話を県の担当の方とするうちにやっと、やるんだ、やれるんだ、という現実味が出てきた。

おりしも外は40度を越える猛暑の日で、バスを待っているだけで吐きそうだった(私は地下鉄が余り好きではないので、名古屋ではバスを利用するようにしている)。

話を終わって、外に出る。愛知県県庁の建物は、なかなか好きだ。都庁はかわいそうな建物だ。

少し歩いただけで全身からこぼれ出る汗に我が身の加齢臭を気にしつつ、うるさいほど青い空を見上げて、少し達成感を感じもした。
posted by 志民連いちのみや at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

「気づき」に気づく(138匹わんちゃん大集合!)

愛知県アート・まちなか活性化事業については、かなり色々なお尋ね・確認を県の担当の方からいただいた。結構細かいなと思う反面、深く内容を吟味してもらっているわけで、これはいけるかな、と肯定的に考える。

そんなやり取りの中で、とても面白かったのは「気づき」という言葉だ。説明文書の中で、アーチストが一般参加者にアート犬作りのワークショップをすることで、アーチストの側に大きな「気づき」が生まれる・・・みたいな表現をしたのだが、この「気づき」とははどういうことかと尋ねられた。

これはNPO法人まちの縁側育くみ隊の人たちがよく使う。私もそのメンバーで、設立時は理事だったりもしたのだが、当初はその「気づき」という言葉に違和感があった。しかし概念規定がはっきりしていないキーワードの便利さで、ついつい当たり前に使うようになっていた。

当たり前になっていたり、いつも見てるのに分からなくなったりしていることが、ある日突然、Eureka! A-ha!、あーそっかぁ、そーゆーことだったんだー、みたいな形で「気づく」こと。

でもやはり、どう考えても一般用語ではない。まさに私にとって「気づき」だった。
posted by 志民連いちのみや at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

愛知県アート・まちなか活性化事業

愛知県アート・まちなか活性化事業は、少しミッションが分かりづらいね、と以前から話が出ていた。若手アーチストの育成と、街中の活性化がくっついている。しかし私たちの活動は、まさにアーチストの支援・育成のような「ブンカつくり」の場として「まつりづくり」をし、それにより地域全体の活性化を図っていこうとしているのだから、むしろドンピシャだという感じを持っていた。

前年には、音楽ライブや大道芸の企画があり、その出演者の多くは、いつも一宮での「まつりづくり」を一緒にしてくれている人たちだったので、何となく余計に親近感を覚えたりもした。

ただ実際には愛知県に出す書類であり、しかももし通れば愛知県の事業になるので、結構厳しい書類つくりでもあったが、作っていると、どんどん夢が広がり、楽しくもなって、ほどんど徹夜で作った。
posted by 志民連いちのみや at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

愛知県アート・まちなか活性化事業に応募した(7/19/2007)

杜の宮市の後片付けやら、プライヴェートなことやら、七夕市民化活動のラブたな準備でバタバタしつつ、あの雑誌の記事が気にはなっていた。メールでマロハウスに、あの雑誌、要らなくなったらちょうだい、と頼んだところ、しばらくしてマロハウスの幅ヨーコさんがさかなに持ってきてくれた。

もう一度、大変だがどうしようと相談し、ともかくやろうと。

ついては、愛知県がやっているアート・まちなか活性化事業に応募し、資金と広報などの足りない資源をカバーしようと考えた。

行政とともにするということは、活動の自由闊達さや機敏性でどうしてもパワーが減じるところがあるが、やはり活動の端緒を切るにはお金も仕組みも必要だ。

県の担当者の方と何度か電話でやりとりしつつ、ほぼ2日で全部書類を作り、2007年7月19日に速達で応募書類を送った。
posted by 志民連いちのみや at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

この雑誌記事から始まった(5/20/2007)

070520figarojapon67dog.jpg

すべてはこの雑誌記事に始まる。

2007年5月20日、萩原の「ちんどん祭り」を見に行き、ついでに寄った幅さんの喫茶「マロハウス」。そこで三奈子女史がマダムフィガロジャポンを見ていて、この記事を見つけた。

ラウンドアバウトは日本で言うロータリーのこと。車が周りを回って進むところだ。
スゥエーデン、ストックホルムの街中、ラウンドアバウトにあった彫刻に、車が突っ込んで破壊される。そのままになっていた壊れた彫刻の脇に、ある日突然、木の犬のアート作品が飾られた。やがてそうしたアート犬があっちこちに増殖していった。

そんな横山いく子さんのレポートだった。

いいねえ、こんなのやりたいね。一宮だったら138匹だ。
オープンなところでブンカを作る我々の活動にもピッタリ。
自然発生的に広がっていくムーブメントなのも素敵だ。
それより、もっと単純な話、街中の緑地帯にアート犬がいっぱい遊んでいたら、すごくかわいいな。

でも結構大変だよ。公概念も違うしね。でも、いいなあ。
posted by 志民連いちのみや at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING

2007年09月07日

ブログ開設(9/7/2007)

デザインをどうするか、という話があるが、とりあえずブログ開設。
posted by 志民連いちのみや at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING