2008年10月07日

アートドッグズ138の記事(2008/10/7中日新聞朝刊p14尾張版)

081007cnpo14artdogs_s.jpg

川口でのアートドッグのこと、杉田龍さんの作品のことなど触れながら、一宮でのアートドッグズ138のことを紹介してもらった。

────────────────────────

こだわりのアートドッグを

一宮で参加作品募集 町中で芸術を楽しもう

 一宮総合駅周辺を、犬をテーマにした芸術作品で飾るイベント 「第二回アートドッグズ138」が二十六日から始まる。参加作品を募集しており、優秀作品には賞金も贈られる予定。参加は無料。
 イベントは一宮市のNPO法人「志民連いちのみや」が昨年十一月に初めて実施。
 市内外から参加した人たちが、使わなくなったサンドバッグや滑り台を利用した「アートドッグ」を制作し、まちのあちこちに計百三十八点展示された。
 通行人らか楽しんでいる様子を見た埼玉県川口市の市民団体「川口で楽しく暮らす会」も注目。九月には同市のアートギャラリー 「アトリア」で同様のイベントが開かれ、四百点が展示された。今回、川口市で作られた有刺鉄線を使った個性的な作品も並ぶという。美術の専門家らが審査委員を務め、参加作品の中から優秀作品を選ぶ。上位の作者には総額十三万八千円の賞金が贈られる。賞金対象者の数は未定。
 志民連いちのみや理事長の星野博さん(五〇)は「町中で芸術を楽しめるのがアートドックの特徴。こだわりある作品で参加してください」と呼び掛ける。
 本町商店街で、おいち祭りが開かれる二十五、二十六日は、一宮総合駅東側のロータリー北側にある「アートドッグセンターで、子どちたちがアートトップ作りを楽しむワークショップも開かれる。参加費は五百円ほど。
 作品の素材、デザインは自由。展示期間は二十六日から十一月十五日まで。志民連いちのみや=電090(2265)9188   (藤原啓嗣)
────────
以上引用です。

【写真キャプション】子どもたちがアートドッグ作りに夢中になった川□市でのワークショップ=埼玉県川口市のアトリアで
posted by 志民連いちのみや at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | MAKING
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20701000

この記事へのトラックバック